ご相談・ご質問はお気軽に TEL:072-837-3100

〒573-0064 大阪府枚方市北中振3-23-15

枚方市 みやしまリウマチ整形外科クリニック 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

腰の痛み

HOME»  腰の痛み

腰椎椎間板ヘルニア

症状

腰椎椎間板ヘルニアでは腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなり、重いものを持ったりすると痛みが強くなることがあります。

病態

椎間板は繊維輪と髄核でできていて背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。
その一部が出てきて神経を圧迫し症状が出ます。

原因

椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。悪い姿勢での動作や作業、喫煙が原因となることもあります。

診断

下肢伸展挙上試験(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経痛の出現を見る)や下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱くなっていないかなどで診断します。
さらにレントゲン撮影、MRIなどで検査を行い診断を確定します。
ただし、MRI画像で椎間板が膨らみだしていても、症状がなければ多くの場合問題はありません。

治療

痛みが強い時期には、安静に心がけ、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛薬を飲んだり、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を行い痛みをやわらげます。腰を温めるのも良いでしょう。
痛みが軽くなれば、牽引を行ったり運動療法を行うこともあります。これらの方法でよくならない場合や下肢の脱力、排尿障害があるときには手術をお勧めすることもあります。

腰部脊柱管狭窄症

症状

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。
もっとも特徴的な症状は、歩行と休息をくりかえす間欠跛行(かんけつはこう)です。
腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。
しかし、少し前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります。

病態

脊柱管は背骨、椎間板、関節、靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管を狭くして(狭窄)、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。 椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。

原因

加齢で、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、椎骨や椎間疾患から突出した骨などより、神経が圧迫されます。

診断

単純X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの検査が必要となります。
下肢の動脈がつまって血行障害を生じた時にも似たような症状となることがありますので注意が必要です。

治療

神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぎますので、歩くには一本杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにしましょう。そうすると楽に歩けます。
また、自転車での移動も痛みが起こりにくく、良い運動になります。

保存的治療としてはリハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊椎の神経の血行を良くする薬で症状が改善することもあります。 しかし、歩行障害が進行し、日常生活に支障が出てくる場合には手術で神経の圧迫を取り除くこともあります。

PAGE TOP